光脱毛の危険

光脱毛の危険を考えてみましょう。光脱毛で危険があるとしたら、まず毛根にダメージを与えるときに皮膚細胞にも影響が及んでしまう場合に、軽いヤケドのような症状が起こります。ひどくなると炎症がひどくなって皮膚科のお世話になることも。

光脱毛の場合はサロンやエステでの施術になるので、炎症止めの抗生物質などは処方されず、軽い炎症止めの軟膏などしか出せません。そしてもしひどくなったときにはサロンと提携している医師の診察を、無料で受けることができるサロンもあります。しかしこのようなトラブルはあまり起こらず、軽い炎症止め軟膏程度で治る程度の場合がほとんどですが、それでもリスクがないわけではありません。

またこのようなトラブルは施術の技術によっても起こりやすくなります。サロンやエステのスタッフの教育は行き届いているとは言われていますが、スタッフの入れ代わりも激しい世界です。そのためスタッフの教育が一定ではないサロンも確かにあります。

サロンの質とも関係のあるところではないでしょうか。サロンを決めるときには技術者スタッフの、技術レベルも口コミなどでチェックしてみるといいでしょう。また無料体験なども利用して自分で一度施術を体験してみるのもおすすめです。

Published by admin